2006年08月30日

アップルの変身か

米アップル、取締役にグーグルCEO・事業提携の可能性も


米アップルコンピュータは29日、グーグルのエリック・シュミット最高経営責任者(CEO)を取締役に迎えたと発表した。携帯音楽プレーヤーなどに比べて取り組みが遅れているインターネット戦略などで助言を受ける狙いとみられる。シリコンバレーの注目企業で、マイクロソフトの対抗勢力という組み合わせだけに、事業提携などに発展するのではないかという憶測も呼んでいる。

 シュミット氏の加入でアップルの取締役は8人となる。スティーブ・ジョブズCEO以外はすべて社外の人材で、アル・ゴア米前副大統領や、衣料品大手Jクルーのミラード・ドレクスラーCEOらが名を連ねる。

 アップルは携帯音楽プレーヤー「iPod」のヒットで業績は堅調だが、大手IT(情報技術)企業が力を入れるネット分野での取り組みは手薄とみられている。音楽のネット配信では世界で7割程度のシェアを握るが、広告収入を生かした無料サービスなどネットの新潮流への対応では目立った動きがない。

事業提携などに発展するのではないかという憶測も呼んでいる。 総かも知れないですね。

GoogleとAppleの提携なんて考えたこともなかったわ。

アメリカは底知れない国だわね。
posted by アフィリエイトハンター at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/23011882
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。