2006年01月31日

結核撲滅寄付

ビル・ゲイツ氏、結核撲滅へ1000億円寄付

ソフトウエア世界最大手、米マイクロソフト会長のビル・ゲイツ氏は27日、結核撲滅のための研究支援資金として、9億ドル(約1050億円)を寄付することを明らかにした。米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版が同日伝えた。

 ゲイツ会長夫妻が運営する「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金」が寄付する予定で、2015年までに1400万人の生命を救い、5000万人に治療を施す計画という。

 ゲイツ会長夫妻は、基金を通した慈善事業を評価され、昨年末、米誌タイムの「今年の人」に選ばれた。

すごい金額の寄付ですね。

結核は日本で撲滅されたと思うので、開発途上国向けの寄付なんだろうね。

いずれにしても、立派です。ホリエモンと違いさすがの行為です。企業主も見習ってくださいね。

アフィリエイトして寄付金出せば、もっと立派かも知れませんが、アフィリエイトの成果が上がらないわ。無理だわ。送料も出ません。
posted by アフィリエイトハンター at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト日記

2006年01月28日

ホリエモンアフィリエイト

「ライブドアの堀江」完全消滅

 ライブドアの平松庚三社長(60)は27日、フジテレビを訪問し、日枝久会長(68)らと事件後初めてトップ会談した。ライブドアは同日までにポータルサイト上から「堀江」「ホリエモン」の記載を削除し、“堀江グッズ”の販売を中止。「脱堀江」を鮮明にして経営を立て直す方針を打ち出している。一方、堀江貴文容疑者(33)は東京拘置所で「資金繰りは大丈夫か」などと経営を気に掛けているという。

 ライブドア関連のサイトから「堀江」「ホリエモン」の文字が続々と“消去”されている。ポータルサイトからは「livedoor 社長日記」「堀江貴文のお仕事Blog」など堀江容疑者にかかわるサイトへのリンクが削除された。現在、同サイトで「堀江」「ホリエモン」はニュース記事の中に出てくるだけになっている。

 同社が開設するネット商店街「ライブドアデパート」では一連の“堀江グッズ”の販売を中止。堀江容疑者が提案した栄養ドリンクの「ホリエナジー」や、堀江容疑者が立ち上げたジーンズブランド「Horie Jeans」関連商品、「人生ゲーム・ライブドア版」などの“名物商品”が消えた。

 全国の食べ物や飲み物を紹介するコーナーで堀江容疑者が試食し太鼓判を押していた「ホリエモン絶賛」の記載も削除。現在、商標登録を行っている「ホリエモン」についても、同社広報は「申請の取り下げを視野に入れて検討している」と説明した。関係者からは「前社長は人寄せパンダのような存在で、いなくても会社は成り立っていた」と厳しい声がささやかれる。

 身内の“ホリエモン離れ”が加速する背景には、フジテレビとの関係がある。再建に向けて焦点となっているのはフジとの提携問題。フジ側は違法行為にかかわったとみられる堀江容疑者ら旧経営陣が、経営から手を引いたことを評価して支援策を検討。法令順守と企業統治体制が確立した時点で具体的な支援策を打ち出すとしている。こうした状況から、ライブドア側は堀江容疑者らのイメージ一掃を急いでいるとみられる。

堀江がやっていたアフィリエイトもなくなった。ホリエモンアフィリエイトの消滅であるわ。

新社長になってから矢継ぎ早の堀江降ろしである。そうしないとライブドアが立ち行かなくなっているのであるよね。

ホリエモンは、堀江アフィリエイトでどのぐらい儲けたのだろうか?新会社なら、発表して欲しかったね。

結論は、アフィリエイトは儲からないってばというものだったかも知れないわ。
posted by アフィリエイトハンター at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト日記

モバイルスイカ

携帯電話のニュースです。モバイルスイカ発車です。
携帯でJR駅改札通過、「モバイルスイカ」28日に開始

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は28日、決済機能付き携帯電話「おサイフケータイ」を乗車券や定期券として使える「モバイルスイカ」サービスを始める。携帯電話で鉄道駅の改札を通る仕組みは世界でも異例。電子マネーとして買い物にも使える。多くの人が肌身離さず持ち歩く携帯電話の高機能化は、様々な電子決済サービス普及への起爆剤となりそうだ。

 新サービスを利用できるのは「おサイフケータイ」のうち、JR東日本が改札機との通信の相性をテストして合格した機種のみ。当初はNTTドコモの9機種とKDDI(au)の2機種の合計11機種となる

ますます便利になった携帯ですね。
携帯での、アフィリエイトが重要になりそうですね。
お財布代わりになれば、必ず携帯でお金のやり取りがありますし、常時肌身離さず身につけているから、パソコンより使う頻度が高いものね。モバイルスイカの行方に注目する必要性アリですね。
posted by アフィリエイトハンター at 09:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | アフィリエイト日記

2006年01月27日

米マイクロソフト利益

マイクロソフト、10―12月期の売上高最高に


米マイクロソフトが26日発表した2005年10―12月期決算は売上高が前年同期比9%増の118億3700万ドルと過去最高だった。サーバー用ソフトやゲーム機の部門が成長をけん引した。両部門の好調は当面続き、06年1―3月期の売上高は同13―16%増と6・四半期ぶりの2ケタの伸び率を見込んでいる。

 05年10―12月期の純利益は同5%増の36億5300万ドル。実質1株利益は0.33ドル(前年同期は0.32ドル)で、アナリスト予想の平均と同じだった。

 部門別の売上高は主力のパソコン用基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」部門が同8%増の34億5900万ドル。高性能コンピューターであるサーバー用ソフト部門は同14%増の29億700万ドルと好調だった。新型機が11月に発売されたゲーム部門も同13%増の15億5600万ドルとなった。ただネットサービスの「MSN」部門は低迷し、売上高は同2%減の5億9300万ドルだった。ネット広告収入が同12%増えたが、ネット接続サービスの収入が同33%減り足を引っ張った。高速大容量サービスなどに顧客を奪われた。

マイクロソフトの収支は出ましたが、グーグルはまだ見つからないわ。

アフィリエイト好調なのだろうか、MSN検索は、利用者少ないのだろうか?あまり検索精度低いと使う気にもならないものよ。
posted by アフィリエイトハンター at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト日記

2006年01月26日

ネットの多様性

ネットで女性アナ殺害予告、大学生を逮捕・警視庁

 インターネットの掲示板にフリーの女性アナウンサー(27)の殺害予告を書き込み、イベントを中止させたとして、警視庁捜査一課は26日までに、群馬県吉井町、私立大生、福島良一容疑者(22)を威力業務妨害の疑いで逮捕した。

 福島容疑者は「イベントが中止になれば騒ぎになりうっ憤を晴らせると思った」と容疑を認めているという。同容疑者は女性のファンといい、自宅からは掲載された出版物や切り抜き写真など20数点が見つかった。

こんなことをする輩もいるんですね。

ネットの入り口には、いろいろな人が待っています。

のほほんと、日記を書く人、アフィリエイトに夢中な人、オークションに精を出す人などいろいろですね。

相手を脅したり、困らせる事をしては、駄目だよね。
posted by アフィリエイトハンター at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト日記

2006年01月25日

ヤフー広告サイトクリック率減る

ヤフー10〜12月期決算、好調ながらYSTの影響など気になる点も


 ヤフーの2006年3月期の第3四半期(2005年10〜12月)連結決算は、ブランディング広告が大きく伸びたことや、オークション、ショッピングが好調だったことを受けて、引き続き大幅増収増益だった。

 広告の売上高は、ブランディング広告が好調で前年同期比71.5%も増加した。その中で、10月3日にYahoo!検索をロボット(Yahoo! Search Technology、YST)主体の検索結果にリニューアルした影響が見られた。PVとユニークユーザー数自体は、リニューアルした10月に激増し、その反動で11月は横ばいだった。そして、12月は例年どおり季節的要因で減少した。

 こうした状況の中、マイナスの影響が見られたのは検索結果ページに表示されるスポンサーサイト広告のリンクで、クリック率が下がっているという。代表取締役社長の井上雅博氏は「検索結果の精度や品質が向上したことで、検索結果のクリックスルーレートが伸びた一方、スポンサーサイトのクリック率が減少したのはジレンマだ」と語った。


そうかヤフーのサイトでもスポンサーサイトクリック率が減っているんだ。これでは広告する意味がなくなってしまうよね。

広告サイトのコンテンツもたいしたことがないので、見飽きてしまったのかも知れないわ。

上位表示したいための広告が、クリックされないというのは、広告主から見れば、不服だわ。
でもたいした広告ないのも事実だわ。

だから検索でも上位表示されないから、お金の力で広告サイトで載せるしかないような内容の広告が並ぶので、皆に飽きられた所為よ。
posted by アフィリエイトハンター at 10:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト日記

2006年01月24日

堀江逮捕、社長辞任

堀江容疑者、社長辞任へ 宮内容疑者らも

 東京地検特捜部に23日逮捕されたライブドア社長の堀江貴文容疑者(33)が、ライブドア社長を辞任する見通しとなった。同日夜、複数の同社関係者が明らかにした。宮内亮治容疑者(38)ら同日逮捕されたほかの取締役も辞任する。後任トップには、ライブドアが04年に買収した会計ソフト大手「弥生」の平松庚三社長か、羽田寛・熊谷史人の両ライブドア取締役のいずれかが就任することで最終調整している。

 関係者によると、堀江社長らは逮捕されれば業務執行が不可能になるため、退任の意向をすでに社内に伝えている模様だ。経営の中枢がそろって辞任することで、ライブドアグループの経営には先行き不透明感が強まる。後任の経営陣には大幅な事業の見直しが迫られることになる。

堀江貴文社長が、あっさり逮捕されたわ、社長も辞任しそうね。

アフィリエイトやっていたライブドア大丈夫なのかしら。
心配ね。広告主も下りているそうよ。
posted by アフィリエイトハンター at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト日記

2006年01月23日

ヤフー、オークションサイトで検索連動型広告

ヤフー、競売サイトに検索連動広告を導入


ヤフーは同社のオークションサイトで検索連動型広告を導入した。サイトに法人登録した店舗が広告主となることができる。オークション利用者が検索に使ったキーワードに関連する広告を表示する仕組み。通常の検索サイトでの検索連動型広告に比べ、ほとんどの利用者は実際に物品の購入を考慮しているため、広告効果は高いとみている。

 ヤフーは法人登録した店舗の販促策に利用する狙い。登録店舗を支援し、店舗数と取扱高の拡大につなげる。広告主を限定した検索連動型広告は珍しい。

ヤフーは同社のオークションサイトで検索連動型広告を導入した。サイトに法人登録した店舗が広告主となることができる。

オークションサイトが活発なのでそこでの検索連動型広告は、やはり受けそうです。しかし広告主も限られたクローズド広告なので、囲い込みを狙ったものなので、大きく伸びる保証はない。
posted by アフィリエイトハンター at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト日記

2006年01月22日

買収手法

ライブドア宮内取締役・買収手法、主導認める


 ライブドアグループの証券取引法違反事件で、グループナンバー2といわれる投資・金融担当の宮内亮治取締役(38)が東京地検特捜部の任意の事情聴取に対し、関連会社による企業買収に投資事業組合を介在させる仕組みの立案・実行を主導したと認めていることが21日、関係者の話で分かった。買収を巡る虚偽情報開示の違法性の認識や、堀江貴文社長(33)の関与は否定したもようだ。

 特捜部は同日までに、ライブドアの財務担当の熊谷史人取締役(28)、関連会社ライブドアマーケティング(LDM)の岡本文人社長(38)らからも任意聴取したもよう。堀江社長も今週中に任意で聴取する方針を固めており、一連の不正工作への関与について解明を進める方針だ。

宮内取締役が買収手法を立案、実行を認めてホリエモンをかばっているようだが、社長であるホリエモンが、全く知らないわけがないわ。

特捜が入っているので、マスコミへの話しだけでは、通じないと思うわ。

ちゃんと事情を話せないと、必ず証拠をもとに突っ込まれるわよ。

でも何故、地検じゃなくて特捜という泣く子も黙る組織が調査しているの?

逃げられないと思うわ。時系列に聞かれて行き、矛盾は必ずついてくると思う。
posted by アフィリエイトハンター at 15:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト日記

2006年01月21日

Googleの株安って本当

ライブドアーの株急落は、分かるが、Googleも株急落しているそうだ。

IT関連株こんなにもろいものなんだ。

Google株急落を報じているニュースは以下です。
米グーグル株が急落・3営業日で時価総額2.3兆円減



インターネット検索最大手、米グーグルの株価が急落している。20日の終値は前日比36.99ドル(8.47%)安の399.46ドルで年初来安値を記録。昨年11月16日以来、約2カ月ぶりに400ドルを割り込んだ。3営業日で時価総額は200億ドル(2兆3000億円)減った。

 グーグル株は11日に年初来高値(471.63ドル)を記録。17日に競合のヤフーが発表した2005年10―12月期の1株利益が市場予想を下回ったのを手掛かりに、18日から急落に転じた。

 19日には米ウォールストリート・ジャーナル紙が、ストックオプション(株式購入権)など6億ドルにのぼる雇用関連費用が将来利益から差し引かれると指摘。米司法省が個人情報の提出を求めて同社を提訴したことも重なり、投資家心理が冷えた。20日の下落率は04年8月の上場以来では最大。

 グーグルの時価総額は今年に入りIBMを超え、ハイテク業種ではマイクロソフトとインテルに次ぐ3位に浮上していたが、株価急落で4位に転落した。

ヤフーが発表した2005年10―12月期の1株利益が市場予想を下回ったのを手掛かりに、18日から急落に転じた。なぜヤフーの一株利益が市場予想を下回ったのを機に、急落したのだろう。他社の業績なのに、おかしい。

米ウォールストリート・ジャーナル紙の指摘なら分かるが、それも不透明だからなのかな。

posted by アフィリエイトハンター at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト日記

2006年01月18日

Yahooの05年4/4期決算報告

Yahooの05年4/4期決算報告です。







売上高純利益TAC
04年3/4期9億700万ドル2億5300万ドル2億5200万ドル
04年4/4期10億7800万ドル3億7250万ドル7億8500万ドル
05年3/4期13億3000万ドル2億5400万ドル3億9,800万ドル
05年4/4期15億100万ドル6億8320万ドル10億6800万ドル

ヤフーの業績は市場予想を下回った。
posted by アフィリエイトハンター at 13:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | アフィリエイト日記

ライブドアワンマン経営

ライブドア宮内取締役、辞任の意向・株取引「違法性ない」

 ライブドアで買収案件などを手掛ける宮内亮治取締役(38)は17日午後、成田空港で報道陣の問いに対し「こういう(証券取引法違反の容疑で家宅捜索を受けた)ことになってしまった以上、取締役の責務を果たせない」と述べ、今回の問題が一段落した後に取締役を辞任する考えを示した。ただ宮内氏は疑いが持たれている一連の株取引には「違法性がない」との認識を示した。

 出張先の中国から帰国した宮内氏は「無責任ととられても困るので、関係者と協議して決めたい」と述べており、堀江貴文社長らと相談した上で進退を最終判断するとみられる。宮内氏はマンション販売のダイナシティの社長に2月に就任することも内定しているが、この人事を白紙に戻す可能性を示唆している。

 堀江社長の責任について宮内氏は「堀江は本件の買収はわかっていない。法的な責任はない。あるとすれば私」との見方を示した。捜索後、堀江社長から「大変だよ」と言われ「ごめんね」とあやまったという。

ライブドアワンマン経営だったはずだわ。堀江社長の決済を受けなければ、何も決まらないという体質のはずよ。

ホリエモンのブログでも採用でも、直接指示を出すと書いていたし、既成企業の採決の遅さを強調していたわ。

宮内氏が堀江社長をかばったとしか思えないわ。

「ごめんね」とあやまったという感覚分からないわ。あやまれば、警察いらないのかな。少し軽すぎじゃないの。社会に与えた打撃のことも考えてみて欲しいわ。ワンマン経営もここまでのことを、取締役に言わせちやうのかもね。
posted by アフィリエイトハンター at 05:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト日記

2006年01月17日

注目の証人喚問

注目の証人喚問が行われたね。
結果は、補佐人との協議が多く、刑事訴追にびくつきながらの中途半端な答弁に終止したわ。
事実を話すことの趣旨からは、程遠い内容だったわ。
小嶋ヒューザー社長、「証言控えたい」を繰り返す・証人喚問


ヒューザー(東京・千代田)の小嶋進社長は17日午後、衆院国土交通委員会の証人喚問で、2005年10月27日にイーホームズの藤田東吾社長らと偽装問題を協議した内容や、問題を認識した経緯などに関する質問に対し、「刑事訴追の恐れがあるので、証言を控えさせて頂きたい」との答弁を連発した。林幹雄国土交通委員長が「証人が証言を拒絶できるのは、刑事訴追を受ける場合。どの点がそのことにあたるのか、明確にしてください」と注意する場面があった。

今まで、ベラベラ喋っていて、証人喚問を要求していたのに、何も喋らなかったよ。
だらしのない53歳であったわね。

マンション住民への補償など何にも考えていない印象が強く残ったわ。がっくりだわ。
posted by アフィリエイトハンター at 16:37 | Comment(1) | TrackBack(2) | アフィリエイト日記

IT企業の金融企業への傾斜

ライブドア、急ぎすぎた高収益路線・金融事業に傾斜


 約10年前に堀江貴文社長の学生ベンチャーとしてスタートしたライブドア。一般には「インターネット企業」と呼ばれるが、急成長の原動力は技術革新ではなく高株価をテコにした企業買収。また収益構造も、ネット事業より金融サービスに大きく依存している。今回の捜索を機に同社の路線は大きな壁に突き当たった。

 ライブドアが2003年5月以降に完全子会社化した企業は十数社。00年の東証マザーズ上場時に約50億円だった株式時価総額は、150倍以上の約7700億円にまで膨張した。IT(情報技術)企業以外にも、旅行サイト、中古車売買、通信販売、証券、消費者金融などで、電子商取引関連の企業を買いあさってきた感すらある。

 中でも金融事業への依存度の大きさは一目瞭然(りょうぜん)だ。05年9月期の連結売上高784億円の6割近くを金融が占め、“本業”のポータル(玄関)サイト関連は1割に満たない。楽天も、証券、クレジットなどネット金融企業の色彩を強めている。

IT企業が金融企業の色彩を強めているという指摘ですよ。

そのIT企業の株価が下がっています。そうなればアフィリエイトどころではなくなる。ポイント還元に、暗雲が垂れ込みそうな事態になっているということですよね。

現在ライブドアーの株売り一色だそうですわ。
posted by アフィリエイトハンター at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | アフィリエイト日記

ライブドアの容疑

ライブドアーにかけられた容疑について情報が交錯しています。
うまくまとめた記事は、ここだと思います。
ライブドアを強制捜査、関連会社が虚偽公表で株価操作か

インターネット関連企業「ライブドア」の関連会社が株価をつり上げるために虚偽の事実を公表した疑いがあるとして、東京地検特捜部は16日、証券取引等監視委員会と合同で、証券取引法違反(偽計取引、風説の流布)容疑で東京都港区の六本木ヒルズにあるライブドア本社や堀江貴文社長の自宅など関係先数カ所を家宅捜索した。

 虚偽の事実を公表した疑いが持たれているのはライブドアマーケティング(東京都港区、岡本文人社長)=東証マザーズ上場。

 調べでは、同社は「バリュークリックジャパン」という社名だった04年10月25日、出版社「マネーライフ」社を株式交換の形で完全子会社にすると発表した。しかし、マネー社はライブドア本体が同年6月、別の投資ファンドに買収資金を出す形で事実上買収済みだったという。

 バリュー社はこうした事実を隠し、ライブドアグループとして新たにマネー社を買収したかのように装った疑いが持たれている。特捜部は新事業などでバリュー社の企業価値を高め、同社株の価格をつり上げるための偽計取引だったとみている。

 さらに、バリュー社は株価を上げるため、同年11月に出した決算短信で第3四半期の売上高、経常利益、当期純利益を水増しして虚偽を公表(風説の流布)した疑い。この際、インターネット上の広告事業が好調で、売り上げを伸ばしたなどと説明していた。

 ライブドアは04年の発表当時、バリュー社の株の約75%を持つ大株主。堀江社長はバリュー社の取締役も務めていた。特捜部は、親会社のライブドアや堀江社長の関与があったかどうかなどを含めて、事実関係を詳しく調べている。

 バリュー社がマネー社を完全子会社化することを発表した後、バリュー社とライブドアの株価は急騰。バリュー社は04年10月26日に1株16万円(終値)だったのが10日後の11月5日には1株24万1000円まで値上がりした。ライブドアも04年10月26日に1株353円(終値)だったのが11月5日に474円に値上がりしている。

 ライブドアは堀江社長が96年に設立した会社が基盤。00年に株式上場し、04年に現在の社名に変更した。ソフトウエアの開発やIP電話、ポータルサイトの運営などのサービスを展開している。

 株式取得などの企業買収や増資を繰り返し、証券会社やクレジットカード会社、自動車流通会社など国内外で30社以上を傘下に収めて急成長した。

 04年6月、堀江社長がプロ野球の大阪近鉄バファローズ買収に名乗りを上げたことから、ライブドアの名前が一気に全国に広まり、注目を集め始めた。昨年はニッポン放送とフジテレビに買収攻勢をかけたり、落選はしたが堀江社長が昨秋の衆院選に出馬したりして大きな話題となった。

      ◇

 東京地検特捜部などの家宅捜索を受けたライブドアは17日未明、「捜査に全面的に協力しております。嫌疑の内容把握に努め、関係事実の調査・全容把握に全力を尽くしております。社内調査の結果については、解明次第おって報告いたします」などとするコメントを出した。

練金術だと思います。株式分割も高値誘導し、分割後さらに企業買収しまくるそれで急成長する。すごいやり方ですね。

今朝6時58分堀江社長の記者会見が行われた。相変わらずのノーネクタイ姿だった。捜索には、全面協力した、現状把握に努めているとの短いコメントだった。
posted by アフィリエイトハンター at 06:54 | Comment(0) | TrackBack(49) | アフィリエイト日記

ライブドアーと株

ライブドア、急ぎすぎた成長路線・時価総額5年で150倍

約10年前に堀江貴文社長の学生ベンチャーとしてスタートしたライブドア。急成長の原動力だった企業買収資金の調達方法を巡り16日、不正行為の疑いが浮上した。企業価値を示す株式時価総額は上場からわずか5年で約150倍に膨らみ「全国区」のインターネット企業に上り詰めたが、今回の捜索を機に大きな壁に突き当たった。

 ライブドアがネット関連以外の企業買収を本格化させたのは2003年。金融から中古車販売にまで企業の合併・買収(M&A)を急展開した。拡大路線を支えたのは「株式交換」と「株式分割」だ。03年8月からの1年間で計3回に分けて株式を1万分割した。

 株価上昇を活用して相次いで企業を買収し、03年5月以降に十数社を完全子会社化。相次ぐ新株発行により00年に東証マザーズ上場を果たした際、約50億円だった株式時価総額は150倍以上の約7700億円にまで膨張。連結純利益が154億円(05年9月期)程度の会社としては「異常な肥大ぶりだ」(大手証券幹部)。

ホリエモンの練金術の手口が分かりやすいが、水ぶくれ資産だったんだね。
IT業界全体の手法なのだろうなぁ。

株券なんか本来銀行の担保資産にならないのよ。紙くずになる可能性だってあるわ。お金持ちホリエモンということは変わらないが、株による時価総額なんか、水ぶくれだよね。

posted by アフィリエイトハンター at 06:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト日記

2006年01月16日

偽札製造は金総書記が管理

偽札製造は金総書記が管理・黄元書記が韓国紙に明かす

 16日付の韓国紙、朝鮮日報によると、北朝鮮から1997年に韓国へ亡命した黄長ヨプ元朝鮮労働党書記は同紙とのインタビューで、北朝鮮の偽造紙幣製造は金正日総書記によって直接管理されている、などと述べた。

 黄元書記は「(偽造紙幣の)工場はどこにあるのか私も知らないほどの秘密だった」とし、90年代初めは東南アジアや欧州で、最近は中国で主に流通させているとの見方を示した。

 またマカオと中国・広州には金総書記の秘密口座があると指摘した。

 麻薬製造について元書記は、90年初めに労働党会議でケシ栽培が指示されたと語った。金総書記の命で東部・咸興に建設された工場で覚せい剤を精製、海軍も流通販売に関与しているとも述べた。

すごいことだ、偽札製造を直接管理しているのが、金総書記だと言うニュースです。

しかし亡命して9年目に発言した真意が分からない。確証ある話しなのかも分からない。秘密国家だから当然よね。

煙のないところに火は立たないのだから、まんざらウソとは言えないのよね。
posted by アフィリエイトハンター at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(2) | アフィリエイト日記

USEN、携帯電話に音楽番組無料配信

USEN、携帯電話向けに音楽番組を無料配信

 有線放送最大手のUSENは、携帯電話向けに無料で音楽番組を配信する事業を始める。有線放送の番組を活用し、16日から4番組を提供、4月末をめどに20番組に増やす。利用者に音楽CDや「着メロ」を販売するほか、ラジオ放送のように番組の間に広告を入れて収益を確保する。携帯電話の高機能化が進むなかで、コンテンツ(情報の内容)事業の拡大に拍車がかかりそうだ。

 新事業「どこでもUSEN」は16日正午からNTTドコモの第三世代携帯電話「FOMA」端末向けにサービスを提供する。当初は矢井田瞳さんや稲垣潤一さんら人気アーティストの曲を24時間流し続ける番組など4番組を配信する。好みの曲目を指定することはできないが、番組の流れに従って様々な曲を聞くことができる。

USEN、携帯電話向けに音楽番組を無料配信を決めた。

コンテンツが増えれば、ケータイでの視聴が活発になるわ。そうなると更に参入業者が増加して、より盛んになりそうね。

ケータイとネットの癒合が進みそうですね。
posted by アフィリエイトハンター at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(2) | アフィリエイト日記

2006年01月15日

グーグルは株式分割するのか

「グーグルは株式分割するのか」--可能性を探る


 米国時間5日に1株450ドルを超えたGoogleの株式は、一般投資家にとって、もはや確実な投資対象ではなく、Tiffanyで売られている高価なダイヤのような存在になっている。

 この問題に対処する確実な方法は、株式分割を実施し、1株あたりの価格を下げるというものだろう。しかし、金融分野の専門家らはその可能性を否定している。Google株に対する買い意欲が依然として旺盛なことから、同社幹部には株式分割を行う理由はほとんどなく、また彼らは哲学的な理由から分割に反対するかも知れない。

 ジョージタウン大学の助教授で金融学を教えるJames J. Angelは、「Googleの株式は、これだけの高値でも問題なく取引されている。その点では、『(Googleの幹部らは)何も悩む必要はない』と言えるだろう」とした上で、「株式分割など大した効果はないだろうから、行う必要はない」と付け加えた。

 しかし、株式を公開しているハイテク企業が、現在のGoogleの水準まで株価が値上がりしても株式分割を行わないというのは、特に大半の株式が100株単位で取引されるようになってからは、極めて異例なことといえる。過去にはYahooをはじめ、eBayやMicrosoftなど、無数のハイテク企業が株式分割を行ってきた。

 最近では、Google株を100株購入するのに4万5000ドル以上の資金が必要だが、株式分割が実施されればその額は下がる。大幅には下がらないが、若干は下がるだろう。仮に1対2の株式分割を行うとすると、既存の株主の保有株式数は2倍になるが、1株当たりの価格は半分になる。一方、新規の投資家は、分割前の価格の半値でGoogle株を取得できるようになる。

 株式分割を行っても、各株主が保有するGoogle株の価値や同株式の時価総額は変わらない。しかし、経営陣が株式分割を決断したということは、彼らが将来の株価について楽観視している証拠であると考える投資家が多いため、分割後の同社の株価が急騰する可能性が高い、と専門家らは見ている。

 しかしGoogleの経営陣は、少なくとも今のところは、分割に乗り気ではなさそうだ。2005年5月に開催された年次株主総会で、CEOのEric Schmidtは、株式分割の予定がないことを明言した。その後も同社は、方針変更の意向は示していない。同社の広報担当も、方針変更の可能性についてはコメントできないと語った。

 Googleの広報担当者は、「Googleをユーザーや顧客にとって、より有益なものにし、世界に通用する企業にすることが、われわれの第一の目標だ」と述べ、さらに「社の方針で、株価についてはコメントできない」と語った。

 Googleの幹部らは株式を公開する際に、異例のオークション形式のIPOに固執したが、これは個人投資家による株式取得を容易にするためだった。

 無論、シリコンバレーを拠点に急成長を続ける同社には、通例はほとんど通用しない。たとえば、同社の発行済み株式の35%は依然として同社の内部関係者が保有している。この35%という数字は、時価総額が1320億ドルに迫る企業としては、異例の高さだろう。また大手ハイテク企業の場合、発行済み株式の少なくとも半分を機関投資家が保有していることがよくあり、たとえばYahooでは発行済み株式の72%を機関投資家が保有している。それに対し、Google株の場合は機関投資家の保有割合はわずか38%にすぎない。

 たしかに金融関連の専門家らは、現在のような高値でもGoogleが今すぐに株式分割を実施しなければならない理由はないと指摘しているが、分割への圧力は向こう数カ月間に高まることはあっても低下することはない。米調査会社Piper Jaffrayのアナリスト、Safa Rashtchyは3日に、Google株の目標株価を引き上げ、今年中に600ドルに達するとの見方を示した。

 イリノイ州シャンペーンにあるイリノイ大学ビジネススクールで金融部門の責任者を務めるDavid Ikenberryは、「うまくリスク分散したポートフォリオの構築をめざす投資家にとって、現在のGoogleの株価はあまりに高すぎる」と指摘している。

 「株価が上昇すればするほど、さらに多くの投資家が株価に敏感になり始め、Google株に投資する人は減るだろう」とIkenberryは、述べ、さらに「つまりこれは、ごく普通の投資家がGoogle株を購入することは少なくなっていく、ということだ」と付け加えた。

 しかし、米大手投資銀行Bear Stearnsのアナリスト、Robert Peckは、Goolgeの共同創業者らが、金融界の伝説的人物である投資会社Berkshire HathawayのWarren Buffett会長を崇拝していることから、Googleが株式分割を行うには、同社の投資哲学の変更を要するだろう、と指摘する。Buffettは株式分割には批判的であり、現在、Berkshire Hathawayの株価は8万9690ドル前後で推移している。

 「われわれは当初から一貫して(Googleは)株式分割を行わないだろうと予想していた」とPeckは述べた上で、「しかしその一方で、株価を下げられれば、一般投資家にとって割安感が増すことから、それが『一般人の役に立つ』というGoogleの基本理念にも叶うことになるとの見解もある」と付け加えた。

アフィリエイトにより、Google株は、上昇した。その上昇を支えたのは、Google AdSenseです。

株価は急激に上昇しました。ごく短期間に記録的に上昇しました。今年中に600ドルに達するとの見方も出てきました。

アフィリエイトするよりも、Google株を手に入れたほうが儲かります。率はかなり良いのです。しかしなかなか手に入りません。儲かる株は、手放したくないのですから、当たり前ですね。

今年中に、何ドルになるのかに注目しましょうね。
posted by アフィリエイトハンター at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト日記

2006年01月14日

ネットサービス企業の中国進出

ブログ・ゲームなどネットサービス企業の中国進出相次ぐ

インターネットサービスの新興企業が、相次いで中国に進出する。日記風の簡易型サイトであるブログやオンラインゲーム、ネット広告事業などでネット利用者が急増する大市場に布石を打つ。国内での経営が軌道に乗り、中国に進出できるだけの経営体力を付けてきた点も背景にある。

 ライブドアは試験運用していたブログサービスを月内に本格的に始めるほか、3月にも会員同士がネット上で簡単に意見交換ができるソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を始める計画だ。2004年に買収したポータル(玄関)サイト運営のマイライス(上海市)を通じてサービスを提供、約100万人と日本並みの顧客獲得を目指す。

ホリエモンやったね。
中国への進出は、やはり想定内のことだったのでしょうね。
ポイントも発行して、広めるのでしょうね。アフィリエイトは、中国では、OKなのですかね。

国際化するとアフィリエイトも国境の壁がなくなるものなのか知りたいですね。
posted by アフィリエイトハンター at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。