2005年06月30日

Googleチーム

Googleチームと何度かメールのやり取りがあり、削除すべき文面の指摘を受けたりしました。

継続的に使用できるようになりました。勘違いの部分もありました。

その間Googleチームは親切に対応してくださいました。

Googleの全てが、巷間いわれている、対応が悪いわけではないのが、分かりました。

お陰で一安心です。
posted by アフィリエイトハンター at 07:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト収益

2005年06月29日

MSN産学連携の計画

マイクロソフト(MS)が28日発表した産学連携の計画によると、MS日本法人が7月1日に「マイクロソフト産学連携研究機構」を設立し、同機構を通じて大学とMSの研究機関「マイクロソフトリサーチ」との共同研究を進める。人材育成などの支援もあわせて行う。

 同機構は、東京大学大学院の池内克史教授が責任者を務め、東大、京都大、慶応大、早稲田大などの教授らによる顧問委員会が共同研究のテーマを選定する。すでに電子機器の操作性向上や画像の検索など三つの研究プロジェクトが決定しており、今後も公募で増やしていく方針みたいだ。

MSNは、リナックスの導入事例が多い大学の研究者に、多額の資金援助とともにウインドウズを提供することで、MSNのWindows XPの導入を促し、さらなる飛躍を目指すようだ。

家電、ケータイの普及にも目をつけている。情報を多角的に利用することを、目指しているようだ。

これでアフィリエイトも変わりだすのではと思う。
posted by アフィリエイトハンター at 07:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト情報

2005年06月28日

MSN続

新MSNの検索結果にブログが入っていないように感じる。

すっきりした感じになるものだわ。

ブログと記入すれば、ブログだけのページにもなるみたいだから、かなりいけるわ、ただしすべてのブログ拾っているかは、わからないけれどね。

いずれにしろ、ブログがはいると、検索結果かなり精度落ちると感じたので、これで良いわね。
posted by アフィリエイトハンター at 08:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト情報

2005年06月27日

MSNの新検索エンジン

25日から新しいMSN独自の検索エンジンが稼動した。

かなり最初にしては、良いと思う。長く待たされたと言う感覚です。
自前の検索エンジン搭載で、狙うのは、Yahooのシェアーを奪うこと、次がGoogleの追撃だそうです。

三大検索エンジンの揃い踏みに相成りました。どこが混戦からぬけだし、どのようなサービスを提供してくるかです。

乗り換えに抵抗のない、層が多いインターネット検索ですから、面白そう。日本でYahoo!Japanの牙城を崩せるかも見ものです。

ピンポイントの検索はなかなか、難しいのが、現状です。もう少し精度を上げないとだめだと思う。

精度を上げたものが、検索の世界を征すると思う。
posted by アフィリエイトハンター at 05:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト情報

2005年06月26日

削除

削除してくださいとの、メールがGoogleチームから来ていたが、削除変更してから、
Googleチームに削除変更しましたとメールを打ちましたが、返事はまだない。

Googleチームという、チームに送ったからかな、でもメールをくれた方の名前も分からないので、これしかなかった。

忙しいため、いちいち個別には対応しないのかもしれない。

削除したつもりだが、もれ落ちていることも怖いが、どの文章がそれにあたるのか指示がなかったので、Googleチームの考えている範囲が分からないので、多少不安がある。十分に削除したと思うんだけれども^^

そしておそるおそる貼りなおした。

収入を得るどころの話では、なくなる。一大事です。
posted by アフィリエイトハンター at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト収益

2005年06月25日

メール

メールが来た時は、正直言ってちょっと驚いた。

アカウント剥奪もありうるからね。

早速なおしてメールしておきました。でもまだ心配になり、AdSense をこのブログから外しました。はずして、何度も今までの投稿記事を読み返しました。まだ違反に接触する文面、記事が、あるか確認しています。

しばらく、AdSense貼る気力が出ません。疲れたわ〜ん。

当分貼る勇気がありません。疑われるのいやだもん。
posted by アフィリエイトハンター at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト収益

2005年06月24日

収益(収入)の変更

Googleから、メールが来た。
どうもポリシー違反だったらしい。
それでいろいろと違反部分に該当したと思われる部分を削除した。
まだあるかもしれないので、不安ですが、収入もしくは収益部分は削除した。

細かな指示があったのではないが、一応収入と収益を外した。他の人の記事からの引用は、引用した人に失礼なので、許可を取る必要があると思うので、これからです。

自分の書いた部分は全て、削除したと思う。
posted by アフィリエイトハンター at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト収益

2005年06月23日

Seesaaのアフィリエイトで

Seesaaが少し変わった。昨日は、表示されていました。それで記事を書いたのですが、今日は、消えています。

「BlogClick」という項目が右サイドバーに出ていたのですが、消えてますね。そのうち復活すると思います。まだ本格始動ではないのかもしれません。

良いことは、Google AdSenseのように、広告を選んで配信するシステムです。Google AdSenseが選ぶ広告と比較できることです。どちらが同じ文章で選んで、自分好みかが分かります。良いことだと思います。無風地帯みたいに、Googleしかないと、こんなものかとしか感じませんから、ライバルが現れれば、少しGoogleも変わる可能性もあります。

それでは、SeesaaのBlogClickとは、どのようなものでしょうか。

コンテンツマッチ型の広告配信サービス「BlogClick」は、1クリック10〜15円の広告報酬が可能です。
ブログの内容に合った広告を自動的に選択して配信しますので、ブログを閲覧している個々のユーザに対して関心の高い広告を表示することができます。

と、能書きにはあります。1クリック10〜15円、オーGoogleより高そう。
広告数も1〜5個の間で選べるし、縦型、横型、テクストのみと選べるんだ。

あとは、数字どうりの広告がいつも出れば、Google AdSenseよりも上を行くかもね?。アフィリエイトしては、すばらしいものになる可能性がある。復活を楽しみにしています。

昨日はRSS広告も出ていたが、同じく今日は消えていた。芋羊羹の宣伝が確か並んでいたのだが、消えている。

最初の頃、コンテンツでブログクリックを選んだが何も表示されないので、へんだなと思ったが、こういうことだったのか。

納得したが、早く常時表示して、本格稼動してください。

キーワードアフィリエイトも昨日は出ていたが、今日は消えてない。アンダーラインがあり色の変わるところにポイントを近づけると、ラジオボタン見たいのものが出てきていました。楽天の関連の広告が多いように感じました。このラジオボタン様のものは、あまり感心できない感じでした。すこし、しつこく感じだった。
アンダーラインがあって色が変わるところでも広告のないところは、クリックしても何も起こらなかった。広告がないためだと思う。


posted by アフィリエイトハンター at 06:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト

2005年06月22日

スポンサー

スポンサー広告の数がGoogle10個から時々20個の時がある。アフィリエイトサイトから見ると、こんなに数が必要なのかなと思うことがある。

5個ぐらいの方が適切な感じがする。でもGoogleは、広告主から出稿依頼を受けているので、やはり数を出すことにより、表示する姿勢を広告主に示さなければならないと思う。

Yahooβのようにスポンサー広告が多すぎると、検索していて、目障りに感じすぎる。それぞれの会社の方針なのだから、文句ではないが、多すぎるのも困り者です。

少し字を小さめにするとか工夫しないとね。

資本主義の典型である広告は、見ていて楽しいうちが、華なのかもしれません。

見慣れた広告がなくなると、ちょっと寂しく感じます。
posted by アフィリエイトハンター at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト

2005年06月21日

Yahooが変わりそう

検索エンジンのYahoo!Japanが、ベーター版を出した。

Yahoo!USに統一した検索システムに統合するつもりみたいですが、Yahoo!Japanβで検索すると、検索結果は、YSTの検索結果と変わらない。

デザインは、恐ろしくGoogleに酷似していています。スポンサーが多くて見にくい。

アメリカのYahooと日本のYahooは、別会社なのに、同じものを本当に共有するのかという疑問もある。

日本Yahooは、世界的にみても、独自路線で、日本でのトラフィック第一番を築いてきたのだから、USの言いなりになるのかなぁ。

それでトラフィック落ちたらおしまいじゃないのかな。

しばらく、様子を見るしかない。

MSNもベーター版が、そろそろ正式稼動しそうです。7月1日という予想すらあるようです。

アフィリエイトする人にとっては、最大の関心事でしょう。
posted by アフィリエイトハンター at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト

2005年06月20日

アフィリエイトの閉塞感の続き

「クリック詐欺」は、ペイパークリック(pay-per-click)方式の広告のヒット数データを不正に操作する方法だ。

クリック詐欺は獲得ヒット数にもとづいた広告契約の普及と、オンライン広告費の劇的増加に関係している。

クリック詐欺で得するのは、詐欺的なクリックから手数料を得る検索エンジン関連のコンテンツ制作者と、ライバルの広告費を膨らませようと考える競争相手だろう。

とくに強い危機感をもっているのはグーグル社だ。

「詐欺的なクリック」を危険要素と位置づけ、「われわれはこれまでもずっと、詐欺的なクリックに関連した払戻しを続けており、
今後も同様の支払いが不可避だと予測している。こうした詐欺まがいの行為を阻止できなければ、払戻しは増加していくだろう」と分析している。危険にさらされているのは、グーグル社の広告売上モデル全体に対する信頼性だ。「われわれが競争力を失い、広告主に価値を提供できなくなれば、サイトへの広告掲載がとめられてしまう。そうなるとわれわれの純売上や事業にマイナスの影響が出る」との認識をGooglegは、持っている。


もちろん、被害を受けそうな企業は、グーグル社だけではない。ペイパークリック方式の売上モデルを採用している企業はどこも危険だ。米ファインドホワット・コム社、米カヌードル社、米オーバーチュア・サービシズ社などである。

クリック詐欺を実行する方法には、いく通りもある。

1.低賃金労働者を大勢雇って、ウェブ広告を手でクリックしていく手口だ。ーーー広告をクリックするだけのために雇われる、クリック1回につき18〜25セント、多い人で月200ドルを稼いでいるという。これは私のブログでの収入の約100倍に近いです。

2.人件費がそれなりに高い地域の場合、人間の動きをまねるように設計されたコンピューター・プログラムを使う。
「ボット」と呼ばれる自動プログラムを使用するなどの方法がある。
自己クリックよりもアドセンス狩りに近くなる。

クリック詐欺は、どの程度広まっているのだろう? 誰にもわかっていない。クリック詐欺を特定するためのツールを扱う米クリックラボ社の設立者でもある
ディミトリ・エロシェンコ最高経営責任者(CEO)は、なんらかの競争関係にあるペイパークリック広告の50%もが被害にあっていると予想している。

クリック詐欺は「消費者が直接的に影響を受けないため、消費者をねらった詐欺手口として、さほど直接的なものではない」として、政府は何もしていない。インターネットの信頼性が脅かされたら、消費者全体が大きな影響を受ける。このため、政府は、対策を講じる責任がある。
 
そのためにGoogleが躍起となる理由も分かる。一民間企業が、降りかかる火の粉を必死でよけています。
 

2.の場合Googleの技術者でも、見抜けないのかもしれません。これが見抜けるようになったら、前に剥奪したアカウントに対し名誉回復をすべきでしょう。

無実である可能性もあると言うことです。その人の名誉は守るのが当然です。もし機械的な判定で、アカウント削除していたならばね。

Googleは、大人の論理、サイト管理者は子供の理屈でしかない。Google に敵うわけがない。組織の大きさ、パソコンに対する知識では、勝負にならない。土俵が違う。サイト管理者の存在がなければ、AdSenseもこれだけ伸びなかった。
posted by アフィリエイトハンター at 07:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト

2005年06月19日

アフィリエイトの閉塞感

Google の対応が、なぜ問題になるのかを、考えて見ましょう。

Googleとは、確かにサイト保有者は、Googleの方針に従うといった、承諾書を交わして、AdSenseをサイトに貼ることが出来ます。

裁判のことも書いてあります。日本語訳もありますが、最終的には英語の文章が、大本になることも書いてあります。裁判する場所も書いてあります。日本じゃないから、日本で訴えることも出来ないようになっています。

全てはGoogleの意のままです。不正クリックにしても、普通の人が、Googleに対する不正クリックを見つけ出し、それを自己クリックでないと、証明できません。

だから、一方的削除は、Googleから通告されれば、抗することが出来ません。納得がいかないGoogleの行為と見えます。しかしそれを証明することは、不可能です。

これは、AdSenseが、非常に良く出来ている証でもあり、通常のアフィリエイトよりも、多少稼げる訳です。しかも競争相手がいないという独占状態です。

今後この種の事件は、多くなると思う。それを防ぐには、MSN、Yahooが、この分野の進出がないとだめだと思います。

1社より、2社ですが、1社でも進出が望ましい。サービスを前面に必ず出してきます。
本来は、三つ巴が望ましいのですが、対抗社がいないかぎり、無理でしょう。
posted by アフィリエイトハンター at 06:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト

2005年06月18日

トラフィック下がる

北米では、GoogleGuyが言うには、夏にトラフィックが落ちるらしい。

日本でも落ちるのかな。

冬になれば、日本では、コタツに入ってパソコンをするから、トラフィック伸びるという理屈は、何となく説得力がありそうです。
寒いので外出控えて、パソコンに向かいやすいという方が、もっと分かりやすいのだが、本当かどうかは、分からない。

アメリカでも、土日のトラフィックの減少ということは、あるのだろうか?

日本では、土日は確かに落ちます。

北米では、夏にトラフィックが落ちるらしいと言うのは、長い夏休みに関係があるのでしょうね。私の推測です。間違っているかな?

posted by アフィリエイトハンター at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト情報

2005年06月17日

Google の対応

Google AdSense顛末記(十)
の記事です、以下に引用します。


「アンタ、一体なにが望みなんだよ〜」

そしてさらに続けて、吐き捨てるようにこう言う。

「オマエ、そんなにカネが欲しいのかよ!」

これには本当に驚かされた。


これ本当の話だったら、すごいね。

Googleが、嫌いになってしまうわ。

いきなり、停止剥奪すれば、問題も起こすし、そのため、クレーム専門チームを、常駐させて置くのが、企業としての常識だと思うわね。

お金が欲しいから、貼る場合もある。ゲーム感覚で貼る場合もある。恵んでもらおうなんては誰も考えていないと思う。

決めるのは、電話に出た人ではなく、訪問してくれて、クリックする人だけです。そこに面白さがあるから、参加している人もいると思う。

アメリカでいるかもしれないが、単価を抑えている日本では、稼ぎと言う言葉あわない。そんなに儲けている人いないよ。AdSenseでは、儲かるはずないよ。
posted by アフィリエイトハンター at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト情報

2005年06月16日

トラフィックを見て

昨日のアクセス数を見ました。

訪問者数ーーーーー110(ユニークアクセス)
ページビューーーー307
でした。

ユニークアクセスは100を、超えました。PV1000を超えるなんて、とても出来そうにありません。

Seesaaのアクセス解析なので、少し多いのですけれど、一流は1000を越すそうです。すごいな、永遠に達成できないかもね。

上位表示しかないね。検索エンジン様々とならないね。
posted by アフィリエイトハンター at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト情報

2005年06月15日

安定するアフィリエイト

安定させるために、
訪問者数100人、PV1000と言う数字があるらしいの。

このPV1000って訪問者454人近くの訪問者よ、気が遠くなる数字だわ。

これだけのブログあまり見かけない。私には、無理だわね。

それでも収入成果は、あまりあがらないのでは、と推測します。一番得しているのは、誰なんだろう。

昨日上がった順位また今日は下がったわ。こんな状態だから、ユニークアクセス454人は、ムリッポ。
posted by アフィリエイトハンター at 06:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト

2005年06月14日

アフィリエイトの検索順位

アフィリエイトの検索順位が、70ぐらい、あがっています。

でもまだ、400番台です。これでは、ほとんど検索されません。100番台でも、下のほうでは、クリックされる確率は低いと思いますが、とりあえず少しあがったのですから、うれしいことですね。

検索エンジンからのトラフィックが、増えなければアフィリエイトはむずかしいわ。

トラフィック増やして、クリックを期待することは、分かります。しかしそのトラフィックを増やし、アクセスを増やす方法が、^^

アフィリエイト の検索結果 約 1,280,000 件中のなかに入るだけでもすごいのにね。トラフィックを稼ぐには、不十分なのよね。
posted by アフィリエイトハンター at 07:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト

2005年06月13日

アフィリエイト分析

現状ではサッカーでストライカーがいないで、いつも得点にならない状態みたいです。

攻撃力が、見劣りしています。しかも、3部リーグのチームですから、知名度もない。有望選手も集めてこれない、契約金も多く持っていないチームです。

検索エンジンに上位表示だけが、泥沼から抜け出せる道なのですが、なかなか、Googleを手なずけることが出来ません。

毎日毎日、必死にもがいています。それが私の姿ですね。

期待した収入もほとんどない、うだつも上がらず、かなり長い時間パソコンとにらめっこです。収入0に近いのも当然と最近は思います。収支バランスは完全に狂いっぱなしですね。

アフィリエイトつらいだけ、続きを読む
posted by アフィリエイトハンター at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト日記

2005年06月12日

検索エンジンから

検索エンジンからのアクセスが増えないと苦しいわね。
上位表示などされていないのだから、当たり前の、結果なのですけれどね。

RSS経由のアクセスは時間の経過とともに、下方に行ってしまうので、時間帯を選んで投稿する必要があるよ。忙しいからそんな事は、百も承知していますよ。出来ないだけなんです。

やはり上位表示されるのを、ジーッと待つしかないのね。待てば上位表示される当てもないのにね。

どうしようかしら。困ったわ。やめるべきなのかもね、かなわぬアフィリエイトの夢!
posted by アフィリエイトハンター at 09:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト情報

2005年06月11日

強いキーワード

Googleは、データーベースを世界中から、集めインデックスしようとします。

集めたデーターベースを分類して、格納しているので、格納したデーターベースから判断します。

そのため古いデーターでも上位にあれば、なかなか下位に落ちない傾向にあります。中身のないコンテンツでも、
キーワード「図書館」「辞典」「辞書」「用語集」などがあれば、上位表示される可能性があります。

敏感に反応するキーワードがあるようですね。そこがまたNGワードとともに、情報検索では、いびつなものになる、可能性も高いのです。

Googleなりの表示ですから、絶対的なものでないのですが、Googleは、世界最大の検索エンジンなので、評価されて、その順位にみなが、一喜一憂します。続きを読む
posted by アフィリエイトハンター at 05:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。